本文へ移動

教材紹介

どんな教材を使っているの?

色紙きりえ 手先の器用さ、及び想像力を育成!!
「第二の脳」と言われる指先の器用さを鍛えることで脳の活性化を促し、さらに切り終えて開いた時に『どんな形になるのかな??』という「想像力」を鍛えます。
立体パズル 指先感覚を刺激し、推理&試行錯誤をくり返し、創造力を育成!!   
15ピースのカラフルなブロックの中から決められたブロック数で並べたり、組み合わせたりして平面図形や立体物を作り、推理・試行錯誤しながら創造力を育成します。目的(答え)は一つでも、それに達するまでの道程(やり方)は、決して一つでないことを 知り、問題解決には、暗記よりも思考の方が優位であることを実感します。試行錯誤の結果、「コツ」をつかむことは、本人にとって「発見」であり、それは「自分の成長」を自覚できる「学びの喜び」です。試行錯誤の作業は、現代の子供たちに不足している「耐性(我慢強さ)」を自然に強化します。
そろばん(年中~)  
育脳寺子屋のそろばん(計算ではない)
育脳寺子屋のそろばんが、足し算や引き算のような単純な計算ではなく「そろばん」を使うことを重視しているのは、普通の計算の仕方よりも、「そろばん」が独特の要素を持っているから。「そろばん」には、お箸と同じように、指を細かく使うという要素があり、加えて、数値を珠とその動きに変換したり、珠を複雑に 操作して答えを出したりするという要素もあります。
英単語練習帳(小1~)
育脳寺子屋では小学1年生から英単語の練習を始めます。アルファベットの書き順・発音など実際に自分で発音しながら繰り返し練習することによって自然に英語に慣れます。
 
 
育脳トライアル   「あたま」と「こころ」を育てる!!            
「右脳」→直感・創造力・イメージ・時間的感覚などの働きが中心。
「左脳」→言語分析・公式・計算・理論に基づく働きが中心。
子供たちは小学校に入学するまでは、知識が少ないので「右脳」t中心に行動します。しかし小学校に入り教科の勉強をし始めると、使うのはほとんど 「左脳」になってくるので、右脳と左脳のバランスが悪くなるのです。しかし、右脳は「想像力」「時間的感覚」など、とても重要な役割を担っています。したがって、右脳と左脳はバランス良く鍛えてあげるのが理想的なのです。
 育脳ワーク(小2~)
あらゆる教科の学力の基礎となる思考力と
表現力を活性&育成!!
育脳トライアルと違いタイムは計りません。答えが一つでない問題や、仲間はずれの問題ではなぜその答えを選んだのか生徒に質問して生徒に考えを聞くようにしています。この取り組みの中で答えがひとつでも、解法や手段が決して一つでないことを発見します。ものごとの関係や規則性など目に見えないものを見抜く力が向上することは、問題の解決方法を発見できるだけではなく、人間関係における「相手を理解する能力」を向上させます。よって、先生の話の内容をより理解できるようになるので、授業での習得効率が自然に高まります。「たくさん知るちから」ではなく、「知っていることをたくさん使えるちから」を育てます
ことばのワーク(小3~)
今の子供に不足している「語彙力」を楽しく
        身につけ、国語の基本力をUP!!
国語が苦手という子が増えています。読解力の不足以前に、知っている語彙がとても少ないのが原因です。分からない言葉があると思考が先に進みません文章を追っていても内容が頭に入ってきません。楽しみながら多くの言葉を習得し、子供が自主的に問題に取り組み、解決する力を育成します。ことばのワークと言っても、各学年の国語の重要ポイントも入っています。
 
そろばんで学ぶ育脳計算ワーク(小3~)
そろばんを「教具」とし、新学習指導要領に
沿って学ぶ!!       
小学校の算数は小数・分数・単位の問題など、間違いやすい単元が多くあります。育脳計算ワークは各単元ごとに、そろばんを使った考え方や解き方を載せています。ただ問題を解くだけではなく、目で「見て」イメージしながら解いていくので、頭に残りやすく忘れにくいのです。
ひらがな練習帳・カタカナ練習帳
色を塗りながら自然と文字を覚える。文字は
  「知っている」だけでなく美しく書けてこそ!!
【ひらがな練習帳・幼児用】
ひらがなの色塗りや、点線なぞりをしながらひらがなの練習を   します。それぞれの文字に関係する絵の色塗りもあるので、楽しみながら文字に触れる事ができます
【ひらがな練習帳・カタカナ練習帳】
「字は人を表す」と言われるように、人の書く文字は、その人の 印象を良くも悪くもしてしまうものです。毎日何気なく書いているひらがなやカタカナをもう一度見直し、美しく書けるように練習しましょう。
その他
 10マス計算・論語・昔話など10分間隔で取り組める教材が多数!!
 これらの教材を使いながら右脳・左脳をバランスよく鍛えていきます。
 実際に手に取って実感されることをお勧めいたします。
 
Witz 朋友ヴィッツ
〒661-0043
兵庫県尼崎市武庫元町
1丁目25-10
TEL.06-6432-6144
FAX.06-6436-3453
map
0
2
4
3
9
5
TOPへ戻る